注意点を知る

新築

ピアノ移動される注意点

ピアノは、部屋内の移動であれば素人でもできそうな気がしますが、ちょっとの移動でもおすすめできないのです。それは、なぜかというと調律の問題があるからです。ピアノは繊細な楽器ですので、ちょっとの振動だけでも音がくるってしまうのです。部屋の中だけの移動であれば家族でこどもも手伝ってもらって力を合わせれば運べそうなものですが、その後に音がおかしくなってしまったとなると調律が必要になります。調律には費用がかかってしまいますので、修理や調律費用を含めると最初からプロに任せておいたほうが安かったということにもなります。それでは意味がありませんので、特殊な運び方をしますので、ピアノは引越しだけでなく部屋内の移動もプロに一任します。

運搬と調律は一緒に行う

ピアノを移動させたり基本的に調律が必要になります。業者に見積もりを依頼すると、料金が調律まで含まれていることもあれば、調律は別途料金扱いとなる業者もありますので、どうなるのかは見積もりのときによく確認しておくことが必要です。引っ越しに見積もりとなると、日によって料金が違く特に土日や祝日などは混み合う日だと平日よりも料金が割高になります。ピアノの移動に関しては、1階から2階の移動や部屋の中でのレイアウトを変えるための移動は、引っ越しをするのと違っていつでもいいですので、日によって料金が大きく違ってくるというのが少ないです。それでも業者間で料金が違いますので、複数の業者にピアノの運搬の見積もり依頼することが基本です。